オンラインカジノ

エコペイズを利用する際のガイドとしてお役に立てば幸いです!

エコペイズを利用する際のガイドとしてお役に立てば幸いです!

情報は随時加筆修正しています。エコペイズを利用する際のガイドとしてお役に立てば幸いです!

しかし、エコペイズでは個人情報を盗難から守るためにいくつかの対策をとっていると同時に、ユーザーにセキュリティを向上するための術を公開しているのです!

ここまでご覧いただくと、エコペイズをもうほぼ使いこなせていると思います。

ユーザーが最も安全で優れたサービスを提供するために、エコペイズでは変化し続ける市場に合わせて製品やサービスの改善を心掛けています。

利用するブックメーカーで好きなスポーツへの賭けを楽しんだあとは、賞金を手元に引き上げてきまっす。ブックメーカーからエコペイズへの資金の返却にかかる時間は数分〜数時間程度。

手元に証明書が揃っていないなら、その用意やデータ化などの準備には一手間かかるかもしれませんが、エコペイズの画面上で行う作業自体は5分もあれば済みます。流れはこの説明のとおりなので、口座開設が済んでこれから本人確認をされるなら、先に証明書の用意や撮影から始めても良いと思います。サッと済ませて、次の入金へお進みください。

上の画像のように、エコペイズを経由することで複数のブックメーカーとの入出金がしやすくなり、資金をまとめて管理できるというメリットがあります。

手数料は入金額の5%。例えば10,000円入金したら500円がエコペイズの手数料としてかかります。
また、送金先の銀行とご利用の銀行が異なる場合、銀行の振込手数料が別途かかります。

この画像にはロイズ銀行の情報しか載っていませんが、実際には画面上にはエコペイズを運営するPSI-pay社の2つの銀行口座情報が表示されます。どちらか一方の都合の良い方を選んでください。入金額は自由です。ただし、注意書きにもあるように、画面に表示されている「参照」の番号を送金依頼時に記入する書類のメモ欄に書き加えます(これはエコペイズ側が誰からの入金依頼かを判別しやすくするため。記載を忘れると着金が遅れることも)。

そしてプレー後にはブックメーカーから資金をエコペイズに戻してきて、銀行送金で手元に引き出すもよし、あるいは別のブックメーカーに資金を送るもよし。

ブックメーカーのウェブサイトは色々な手段で資金をやりとりできるのですが、サイトや国ごとに使える手段は違います。その点、エコペイズは①多くのサイトで使える、②日本語サポートがある、という魅力からブックメーカーとの入出金に欠かせない存在として広く利用されています。

銀行によっては(たいていの銀行は)、着金時に口座所有者に確認の電話がかかってきます。内容は主に「どこからの送金か?」「受け取り理由は何か?」の2つ。エコペイズはイギリスのネット口座なので、どこからは”イギリス”です。受け取り理由は”電子マネー口座の残高”など、質問に応じてお答え下さい。

ここからは実際にecoPayz(エコペイズ)のアカウントを開設してアップデートする流れを説明していきます。

【Eメールアドレスを確認】をクリックすると、下に送付先のメールアドレスと改めて【Eメールアドレスを確認】というボタンが表示されます。表示されているEメールアドレスを確認して問題がなければグリーンの【Eメールアドレスを確認】のボタンをクリックしてください。ecoPayz(エコペイズ)からメールが届きますので確認しましょう。

ecoPayz(エコペイズ)公式サイトは日本語に対応していますが、もしホームページ上の言語が日本語でなければ、右上のメニューから言語を選択してください。